2006年06月16日

コーラ・メントス反応の詳細

mentos.jpg

コーラにメントスを放り込むと面白い事になる。
ってな話はテレビやネットで度々話題になっているので知ってる人も多いと思うんですが、どんなもんなんでしょか?

知らなかった人はとりあえずこのムービーでも見るといいですお

がしかし、なんでああなるのん?な疑問はほとんど解消されていなかったもよん。てことで、今回はその疑問を解消すべく適当にネタひっぱってきてまとめてみたよんよん。

■なぜコーラにメントスを入れると爆発的にガスが発生するのか?
1、メントスをコーティングしている物質のアラビアゴムには界面活性剤のような作用がある
2、メントスの表面には無数の孔が開いており、これが気泡発生を促す
3、メントスは水より重い

アラビアゴムはアイスクリームなんかにはイパーイ入ってる食品添加物。乳化剤として利用される他錠剤のコーティングなどにもつかわれている。

■コーラメントス反応の流れ
炭酸ガスはトン単位の強い圧力でコーラに閉じ込められている。

蓋を開ける

ペットボトル内の圧力が落ちる。だが水分子同士の強い結合力によりガスは不安定ながらコーラに閉じ込められたままの状態になっている。

ここにメントス投入

メントスの表面を覆っているアラビアゴムは溶解性が高く、コーラにすぐさま溶ける。

アラビアゴムは水の張力を弱めるように働く。ガスを閉じ込めていた水分子同士の結合が弱まる。

メントス表面には無数の孔(核生成サイトと呼ばれる)が開いており、ガス気泡を発生させるには最適の場所となっている。

ダブル作用でメントス周囲に大量の気泡が形成される。

発生したガスはペットボトル内のコーラを激しく押しのける。その衝撃でドミノ倒し的にガスが発生。

ぶばばばばばばばっとコーラとガスが噴出する。
メントスは重いので、泡に煽られつつもコーラの底の方に沈もうとする。結果ガスがなくなるまで反応が持続する。

コーラ噴出による「驚き」で実験者の思考が停止する。

ほぼ同時に言語中枢が反応。叫び声などをあげる。
「うはwwwwwこれwwwたのしすwwwwwうぇうぇwww」等

感情を司る脳神経回路Papezが刺激され、ノルアドレナリンやアセチルコリンが分泌される。瞬間的に記憶力が増大するため、数年後に思い出してニヤニヤ笑ったりする。

こんな感じらしい。ちなみに普通のコーラよりダイエットコーラの方がこの実験には向いているそう。その理由はガスの圧力が普通のコーラより高いという点と、後の掃除の時べたつかないから。



↑コーラ・メントス反応を芸の粋にまで昇華したビデオ
posted by #ぐるぐる猫 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。